Vine Linux 4.1で動いたソフトの記録。間違いもあるかもしれません。コメント・トラックバック歓迎。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
編集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集
vim
viテキストエディタ

こちら

最初から入っているのですぐ使えます。最初はちょっと使いづらいかも。
どのlinuxにも入っていると思うので使いかたを覚えとくといいかも。

$ vi abc.txt で起動します。(abc.txtが無い時は新規作成になります)

「i」挿入モードになる。
(挿入モードの時に文字の入力ができる)
「ESC」で挿入モードを抜ける。
「a」挿入モードになる。(カーソルの右に追加)
「ESC」で挿入モードを抜ける。
「j」カーソルを↓に移動。
「k」カーソルを↑に移動。
「h」カーソルを←に移動。
「l」カーソルを→に移動。
「x」カーソルがある部分の文字を削除。
「ESC して :wq」上書きして終了する。
「:q!」保存せずに終了する。

■良く使う
/abc abcで検索
n 次のabcに飛ぶ
Ctrl + d 半画面進む
Ctrl + u 半画面戻る

「^」カーソルを行頭へ移動。
「Shift + 4($)」カーソルを行末へ移動。
「u」元に戻す。
「shift + i(I)」行頭に文字を挿入。参考

■バックアップファイルを作らないようにする
$ vi .vimrc して、
set nobackup と書きます。参考

折りたたむ

viのコマンドリファレンス


参考

2006/12/9確認

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Vine Linux 4.1(FC2). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。