Vine Linux 4.1で動いたソフトの記録。間違いもあるかもしれません。コメント・トラックバック歓迎。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
編集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集
リンク
メール歓迎 hiroyuki12@gmail.com

五十音順

wiki
wiki(最初にやること)
wiki(カテゴリ)


Vine Linux 4.1(あめぶろ)
憩いの場
日々のあしあと
Linux LOG
Linux苦闘日記
ぺんぎんの杜
GNOMEFILES
Staff's Diary
yakisoba-panmanさん




◆このページは?
Vine Linux 4.1(あめぶろ)のサーバーの容量が足らなかったので(今は1G)、
別にVine Linux 4.1(FC2)として退避したページです。

新規投稿はVine Linux 4.1(あめぶろ)にします。


スポンサーサイト
編集
Vine Linux 3.2β
vine-betaVine Linux 3.2β が公開されています。参考

せっかくなので試せる人は試しましょう。

seedのリポジトリを追加して「全てアップグレード」したら「重要なパッケージ」が削除されたせいか、再起動すると unable to open an initial console.
kernel panic :Attempted to kill init! と表示され起動できなくなりました;直しかたが分からないので再インストールしました;

Vine Linuxのページ
編集
link
いろいろ参考になりそうです。
83's : Linux
編集
音が出るようにする(2)
alsaconfdynabook で kernel 2.6 で音が出るようにするには、
synaptic で alsa-utils をインストールします。
$ su - として、
# alsaconf で起動します。

何回かEnterをクリックすると設定完了。

右上のスピーカーをダブルクリックして、PCMの方で音量を調整できます。

再起動すると、
タイピングモナーで音が出るのを確認できました。

2006/5/7確認
編集
kernel 2.6.12
synapticで「kernel#2.6.12-0vl5」をインストールします。

# leafpad /etc/lilo.conf して、2.4.27の分をコピペして2.6の分を追加します。

image=/boot/vmlinuz-2.6.12-0vl5
label=linux26
initrd=/boot/initrd-2.6.12-0vl5.img
read-only
root=/dev/hda3
append="resume2=swap:/dev/hda5"

image=/boot/vmlinuz-2.4.27-0vl7
label=linux
initrd=/boot/initrd-2.4.27-0vl7.img
read-only
root=/dev/hda3
append="resume2=swap:/dev/hda5"



# /sbin/lilo して、再起動すると起動時に linux26 が追加されてます。

参考1参考2
Copyright © 2005 Vine Linux 4.1(FC2). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。